お金を借りるならどこがいい?

お金を借りるならどこがいい?銀行?親から?それともキャッシング?

お金が足りない、どうしてもお金を借りたい!

そんな時、お金を借りるならどこがいいのでしょうか。

借りたお金はきちんと返済するのが大原則ですが、利息など金銭的な負担を考えるなら親にお願いしてお金を借りるというのもいいでしょう。

よほどの理由、よほどの事情がない限り、経済的に支援してくれる両親も多いです。

親から直接お金を借りることはしなくても、実家に戻るなどして、親の世話になって「間接的に」お金を借りるような状況もあります。

しかし両親に経済的に依存してしまっているのも社会人としてどうかと思いますし、他人からそう思われることもあるでしょう。

親戚や友人、恋人など身近な人からお金を借りるというのもありますが、これは注意が必要です。

思ったようにお金を稼ぐことが出来ず、きちんと返済ができなくなってくると、非常に心苦しいですし、人間関係を壊してしまうことにもなりかねません。

特に親戚から借りた場合は、関係が悪化しても縁を切ることは難しいですから、関係修復には相当な忍耐が必要になってきますし、良好な関係には二度と戻らないこともあります。

一方、お金を借りるに当たって、そういった人間関係のしがらみがないのが、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる場合のメリットです。

銀行の住宅ローンなどでは審査に手間がかかる分、住宅購入に必要な大きな金額の借り入れを行うことができます。

5万円、10万円など、生活の不足分を補うちょっとした金額を借りるなら銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングも非常に便利です。

今はiPhoneなどのスマホからも簡単に借り入れの申込みができますし、即日融資可能なところも多く、申込んですぐお金を借りられるのもメリットです。

銀行や消費者金融でお金を借りる場合のデメリットはやはり利息の支払いがあることになりますが、銀行のカードローンなどは低金利のところも多いです。消費者金融のキャッシングローンなら初回の一定期間は無利息でお金を借りれるところもあります。

お金を借りるにしても、どこから借りるかでそれぞれにメリット・デメリットがあります。

それぞれによく考えて、自分の状況に合わせてお金を借りるならどこがいいか、考えて決めるのがポイントです。